2009年10月18日

酒井法子覚せい剤、加藤和彦自殺

酒井法子は覚せい剤、加藤和彦は自ら命を絶ちました。

2人に共通しているのはうつ状態に陥っていたのでは!

多分2人の脳は栄養失調になっていたのでは?

音楽家・加藤和彦さん(62)が17日午前、9時25分ごろ、

長野県・軽井沢町のホテルで首をつって自殺しているのがみつかった。

大ヒット映画「パッチギ!」などでコンビを組み、加藤さんと親交が深かった

映画監督の井筒和幸監督(56)はデイリースポーツの取材に応じ、

加藤さんが苦悩していた様子を明かした。10日前に加藤さんと会い、

新作映画の音楽を依頼したが「(曲が)できへんねん…。『うつ』なんや」と語っていたという。

 「孤独な人やったんやな」。スタッフから知らせを受けた“盟友”の突然の死に、

井筒監督は声を押し出すようにつぶやいた。
-------------------------------------------
ninti.jpg
認知療法はカウンセラーのアドバイスによって

自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです
加重なストレスを受けてもそのストレスをいい方向
に転換できるようになります。
この認知療法によって早期のうつからの改善と
再発防止にもつながります。
結果一日の早い社会復帰が可能になり
ひいては明るい幸せ家庭生活を取り戻せるようにもなれます。

<<認知療法の詳細はこちらから確認>>
----------------------------------------------
大学生時代のザ・フォーク・クルセダーズの『帰って来たヨッパライ』の大ヒット

で一躍時代の人となってそれ以降3000曲以上の作品を作って世に

送り続けて、常に日本の音楽シーンを引っ張ってきた人でした。

音楽界において今活躍している中堅のミュージシャンにも多大な

影響を与えてきた人でもありました。

才能は歌舞伎、ミュージカル、映画など多岐にわたっていてどの

世界でもトップに上り詰めていました。

62歳三度の結婚・離婚、表面的には芸能界の派手さだけがクローズアップ

されますが彼本人個人としては孤独感、音楽での行き詰まり感も

あったのではないでしょうか。

芸能界の競争社会に於いての自分の立ち位置が62歳と言う年齢も

重ねって徐々にうつ状態に陥っていったのではないでしょうか?

こんなとき心を許して話を聞いてくれる人が回りにいたら今回のようには

ならなかったのでは!
 
最近は愛犬だけがが話し相手だったのでしょうか?

近い人の証言では

『犬と暮らしていると綴(つづ)られていたことも明かした』
posted by patty at 21:19| Comment(1) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うわぁぁぁぁ何これぇぇぇぇぇ!!?

トシオに教えてもらったサイトでおねーさんとイチャイチャエチィーしたら
なんか知らんが9万円もらったぁぁぁぁ!!!!

とりあえずブルーレイ買ってくるwwwwwヽ(*´ー`*)ノ
http://mao.acmahsjfms.com/27o6dui/
Posted by ノリスケ at 2009年10月24日 03:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。