2011年04月23日

うつ病を食生活をみなおして栄養改善・・うつ改善

うつ病を食生活をみなおして栄養改善・・うつ改善



栄養療法はまだ日本ではなじみが少ない

治療方法ですが、

正解的にはすでに、うつ病は栄養素の欠乏

によって引き起こされる要素が大きいと

いうのが実証されています。

心の問題と栄養には密接な関係が在る

ことは心の問題の先進地、アメリカやカナダ

では40年以上前から言われていましたが、


日本ではこの治療方法が活用でれてはいません

でした。

頭痛で悩む人にはうつ症状で悩んで方も

多く、この治療で頭痛が良くなると同時に

うつ症状も改善される方も多くなっています。

<<うつ病の改善:認知療法の詳しい情報はこちらをクリック>>

-------------------

超簡単携帯サイト作成無料ツール「こびっと」
posted by patty at 07:11| Comment(2) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

ストレスに勝って心も身体もハッピーに!

現代のストレス過多の社会

又不安な経済状況において

多くの人がストレスをモロニ

受けてうつ病になりそうに

なっているのではないでしょうか

そんな時は早く自分の現状を

把握することが一番大切ですね。

そのためには心療内科医の診断

を受けてください。

そこで病名をはっきりさせてから

次の段階の改善に向けて治療に

入っていきます。

そこで今注目されているのが

認知療法です。
<<認知療法の詳細はこちらから確認>>

認知療法はカウンセラーのアドバイスによって

自己訓練によって目の前におきている事象にたいして

常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが

出来るようになることです。

<<認知療法の詳細はこちらから確認>>
posted by patty at 11:02| Comment(17) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

「魔術師」天才、田原容疑者また覚せい剤で逮捕

酒井法子の裁判が明日に迫っていますが、

そんな中、天才・魔術師と呼ばれた元メージョッキー・元花形ジョッキー

がまた覚せい剤−。日本中央競馬会(JRA)の元騎手で

元調教師の田原成貴容疑者(50)が、

覚せい剤取締法と大麻取締法違反容疑で京都府警に

逮捕されていたことが22日、分かった

引退後、田原は騎手以外にも、様々な分野に活動の場を広げていた。

特に執筆活動が顕著であり、漫画作品『ありゃ馬こりゃ馬』で作家

作家としての才能を発揮していました。

『競馬場の風来坊』 紀伊国屋書店集計のノンフィクション部門で

2週連続の1位を獲得。刊行数100万部を越えるヒット作となった」

01年10月、機内にナイフを持ち込もうとして銃刀法違反の現行犯で逮捕。

その際、覚せい剤所持も発覚。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、

同年12月27日、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

覚せい剤犯罪は再犯率が43.0%と非常に高いのが覚せい剤犯罪の

特徴ですね。
認知250 250.jpg
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

認知療法はカウンセラーのアドバイスによって

自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです
加重なストレスを受けてもそのストレスをいい方向
に転換できるようになります。
この認知療法によって早期のうつからの改善と
再発防止にもつながります。
結果一日の早い社会復帰が可能になり
ひいては明るい幸せ家庭生活を取り戻せるようにもなれます。


酒井法子と同様に才能あふれた田原成貴容疑者がなぜ

再犯に至ったのか?

それは、田原は自らの騎手としての特徴を「良く言えば感覚、悪く言えば狂気の部分」

と表現しているように天才と何とかは表裏一体と昔から言われて

いますが、彼も何かにすがりたい欲求・ストレスに負けてうつ状態に

陥って覚せい剤に再度、手を染めていったのかもしれませんね。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

posted by patty at 20:06| Comment(36) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

酒井法子覚せい剤、加藤和彦自殺

酒井法子は覚せい剤、加藤和彦は自ら命を絶ちました。

2人に共通しているのはうつ状態に陥っていたのでは!

多分2人の脳は栄養失調になっていたのでは?

音楽家・加藤和彦さん(62)が17日午前、9時25分ごろ、

長野県・軽井沢町のホテルで首をつって自殺しているのがみつかった。

大ヒット映画「パッチギ!」などでコンビを組み、加藤さんと親交が深かった

映画監督の井筒和幸監督(56)はデイリースポーツの取材に応じ、

加藤さんが苦悩していた様子を明かした。10日前に加藤さんと会い、

新作映画の音楽を依頼したが「(曲が)できへんねん…。『うつ』なんや」と語っていたという。

 「孤独な人やったんやな」。スタッフから知らせを受けた“盟友”の突然の死に、

井筒監督は声を押し出すようにつぶやいた。
-------------------------------------------
ninti.jpg
認知療法はカウンセラーのアドバイスによって

自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです
加重なストレスを受けてもそのストレスをいい方向
に転換できるようになります。
この認知療法によって早期のうつからの改善と
再発防止にもつながります。
結果一日の早い社会復帰が可能になり
ひいては明るい幸せ家庭生活を取り戻せるようにもなれます。

<<認知療法の詳細はこちらから確認>>
----------------------------------------------
大学生時代のザ・フォーク・クルセダーズの『帰って来たヨッパライ』の大ヒット

で一躍時代の人となってそれ以降3000曲以上の作品を作って世に

送り続けて、常に日本の音楽シーンを引っ張ってきた人でした。

音楽界において今活躍している中堅のミュージシャンにも多大な

影響を与えてきた人でもありました。

才能は歌舞伎、ミュージカル、映画など多岐にわたっていてどの

世界でもトップに上り詰めていました。

62歳三度の結婚・離婚、表面的には芸能界の派手さだけがクローズアップ

されますが彼本人個人としては孤独感、音楽での行き詰まり感も

あったのではないでしょうか。

芸能界の競争社会に於いての自分の立ち位置が62歳と言う年齢も

重ねって徐々にうつ状態に陥っていったのではないでしょうか?

こんなとき心を許して話を聞いてくれる人が回りにいたら今回のようには

ならなかったのでは!
 
最近は愛犬だけがが話し相手だったのでしょうか?

近い人の証言では

『犬と暮らしていると綴(つづ)られていたことも明かした』
posted by patty at 21:19| Comment(1) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

酒井法子覚せい剤容疑逮捕の余波

酒井法子が覚せい剤容疑・又押尾学大麻容疑で逮捕されて

各方面で影響がでているようです。

押尾学のスポンサーで一時マスコミを

にぎわしたある下着メーカーの社長と親交が

あった有名女性シンガーが今回の余波を受けて

一部活動を自粛しているらしい!

かつては覚せい剤は暴力団関係者だけの

ものでしたが今は一般の主婦から教育者

まで汚染されています。

それだけ今の日本でのストレスが大きく

心が弱っている人たちにうつ状態の兆候が

このような人たちを襲っているのですね!

この様な現状に望まれているのが的確な

治療方法ですね

ninti.jpg
苦しいうつから中々抜け出せなくて

悩んでいる方にとって、朗報です。
下園壮太さんが経験と過去の研究から

創り出したプチ認知療法を取り入れた

段階で再発の防止

早い期間でのうつ状態改善が図ることが出来ます

<<プチ認知療法の詳細はここから>>
ラベル:覚せい剤
posted by patty at 20:35| Comment(0) | うつ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。